十社大神 社務所の社務日誌(ブログ)です。

ブログ一覧

【重要】駅前からの稚児行列の中止について

かねてよりご案内していた、御神輿の披露と稚児行列の日となりました。

しかし、本日(令和元年10月14日)の天気予報は、けさ現在、ほぼ1日雨となっています。

 

そこで、小杉駅前からの稚児行列は『取りやめ』とさせていただきます。

ただ、十社大神では、短い距離ですが、参集殿から拝殿までの参道を練り歩き、成長祈願と記念撮影を行いたいと思っています。

 

稚児の皆さんには、午後2時から午後3時までの間に、十社大神の参集殿にお越しください。

いらっしゃった方から順次、拝殿まで(傘をさすなどして)歩き、成長祈願を致します。また、その後、記念撮影を行い、お土産をお渡しします。

 

駅前からの大規模で賑やかな行列とはいきませんが、思い出に残る稚児参りにしていただけたらと存じます。

 

また、修復の完了した御神輿は、十社大神の神輿殿にて公開・披露するほか、本日の午後4時からは秋季例祭の前夜祭を執り行い、地元の少女たちによる浦安の舞を奉奏します。

 

2019年10月14日

御神輿の修復が完了

江戸時代に造られ、令和元年の今年、168年ぶり大改修をしていた御神輿が、

無事に完成し、先日、十社大神の神輿殿に戻ってきました。

 

 

今回の事業では、

いったん解体して全ての部品を取り外し、

欠落箇所は新たに造り、残っているものは忠実に復元し、

あらためて組み立てて漆を塗り、金箔を貼っていただきました。

 

久しぶりに見る御神輿は、新品同様に見え、

この御神輿の豪華さ・仕事の精密さに、あらためて驚かされました。

 

十社大神の御神輿は、
屋根と胴の幅が約2m、高さは、鳳凰まで含めると約2m70㎝、
大きさも、かなりのものです。


修復を依頼した物産店の方によりますと、
「全国規模で御神輿の仕事を取り扱っている燕三条の金物メーカーの人が
『今まで扱った中で1・2を争うほど立派な御神輿だ』と話していた」と言われ、
この御神輿を残された先人達に改めて畏敬の念を抱きました。

 

 

そして、なんといっても特徴的なのが、形です。

一般的な御神輿は四角形が多いのですが、この御神輿は、八角形です。

 

八角形のほうが、四角形より製造の難易度が高いのですが、

八角形は天皇陛下が即位の際に座られる『高御座』と同じ形で、格調の高いものです。

 

大伴旅人が、大宰府に赴任した際に

「やすみしし我が大君(おおきみ)の食(を)す国は、大和もここも同じとぞ思ふ」と歌っています。

冒頭の『やすみ』とは、日本の国を構成する八つの島のことで、

国家を統治していることを表すと同時に、四方どころか八方に威光が行き渡っていることにつながると思われます。

 

大伴旅人と言えば、『令和』の語源となった一文を読まれた歌人で、

越中国司だった家持の御父上です。

 

令和元年のこの年に、この八角形の立派な御神輿が麗しく復元されたことに感慨を覚えるとともに、

この事業にご協力いただいた全ての方にあらためて感謝申し上げる次第です。

 

ところで、

令和元年10月14日(月・祝)に予定している御神輿の修復披露を兼ねた稚児行列は、

小雨決行です。

 

多くの方に、この御神輿をご覧いただけたらと思います。

 

2019年10月10日

七五三詣りは氏神神社で

10月に入り、朝晩はすっかり涼しくなりましたね。

さて、十社大神でも、少しずつ「七五三詣り」の準備を行っています。

 

境内にお祝いのための「のぼり旗」を掲げたり、

御祈願の後にお渡しする「千歳飴」などの準備をしたりとー。

 

七五三詣りは、

古くから行われていた下記の各儀式に由来すると言われます。

 

三歳で「髪置(かみおき)」・・・この日から髪を伸ばし始める儀式(男女とも)

五歳で「袴着(はかまぎ)」・・・初めて袴を着ける儀式(男の子)

七歳で「帯解(おびとき)」・・・幼児用の付紐をやめて大人用の帯を締める儀式(女の子)

 

 

江戸時代になると、

五代将軍・徳川綱吉が息子の徳松の健康を盛大に祈願したことから、

それが庶民に広まったとも言われます。

 

医療が現代ほど進展していない時代に、子どもが健康に成長することは

並大抵のことではなかったのでしょう。

 

「七つまでは神のうち」「七つまでは神の子」と、よく言われるのは、

子供の成長を神様に願う親の強い気持ちの表れだと思われます。

 

 

いかに医療の発達した現代でも、

子供は、自身の力のみで成長しているわけではありません。

 

ご両親や家族・親戚、友人、地域の人々など、

多くの人のお力添えが大きいでしょうし、

ご先祖様や、地元の氏神様も見守っていらっしゃるはずです。

 

数えで七・五・三の歳を迎える方々は、

これまで見守って下さった氏神様に感謝の気持ちを表し、

これからの健やかなる成長をお祈りしましょう。

 

2019年10月05日

抜穂祭が終了 コンサートも盛り上がりました

十社大神の抜穂祭(稲刈り)が、本日(9月29日)、無事に終了しました。

 

天気が心配される中での抜穂祭でした。

時間別予報では、ちょうど予定時刻の午後2時から3時ごろにかけて雨の予報となっていましたが、

実際には、まったく降ることがなく、

伊勢神宮ゆかりの「イセヒカリ」を、すべて刈り取ることが出来ました。

 

 

刈女や、法被姿の地元の子供たちなど、

みなが、鎌を手に、手刈りで稲刈りに挑戦してくれました。

皆さん、お疲れ様でした。

 

刈り取った稲は、10月12日・13日に伊勢神宮に行って奉納してきます。

献穀田の管理をしていただいた地元のファーム三ケ北部の方々、

土地を貸して下さった方、田植えや稲刈りに参加してくださった全ての方々に感謝申し上げます。

 

ところで、

この週末(9月28日・29日)は、

旧北陸道アートin小杉というイベントが開催されたこともあり、

神社の周辺で多くの催しが行われました。

 

十社大神の境内でも、

地元の中学校・高校の美術部の生徒さんの渾身の作品が展示されたほか、

楽屋姫というフォークソンググループのコンサートが開催されました。

 

 

コンサートは、立ち見も出るほどの盛況ぶりでした。

特に、フォークソング全盛期の世代の方にとっては心に響くものがあったようで、

一緒に口ずさむ人も多くいらっしゃいました。

 

 

楽屋姫というグループは、

「かぐや姫」のコピーバンドなのだそうですが、

歌声が美しく、お話も軽やかで、演奏もクオリティーが高く、

最後の最後まで、しみじみと、かつ、楽しく拝聴しました。

 

よいお祭りと催しになりました。

運営にかかわってくださった方、ご参加いただいた方、お立ち寄りいただいた方々、

ありがとうございました。

2019年09月29日

令和元年も抜穂祭(稲刈り)を行います

十社大神の献穀田の稲は、順調に生育しています。(下の写真は9月16日に撮影)

 

伊勢の神宮からお譲りいただいた品種「イセヒカリ」が、黄金色に実り、こうべを垂れています。

 

ところで、

十社大神では、9月29日(日)の午後2時から、抜穂祭(稲刈り)を行います。

刈女たちが、古式ゆかしく手刈りで稲を刈ります。

多くの方にお見守りいただけたらと思います。

 

刈り取る稲は、10月12日(土)、13日(日)に伊勢の神宮へ奉納しに行きます。

 

 

抜穂祭の当日は、十社大神周辺では、旧北陸道アートin小杉も行われ、

小杉駅北の旧北陸道沿いの各地で様々な催しが行われますので、

アートイベントとあわせてご覧いただけたらと思います。

 

2019年09月16日

境内案内図を作成

十社大神の境内には、多くの建物や文化財、鳥居、狛犬、石碑などがあります。

それらの一つ一つに由緒があり、物語があります。

 

「その物語を、もっと多くの人にお伝えする方法はないだろうかー」と考え、

このたび、境内案内図を作成しました。

 

 

境内案内図は、A4の紙1枚。

中央に境内の地図を書き、地図内に1から20まで番号を割り付け、

左右両隣に各番号の簡単な説明を記載してあります。

 

もちろん、

由緒や文化財の説明などを書いた「パンフレット」は別にあり、

パンフレットのほうが詳細がよくわかるのですが、

「どれが、どこにあるのか?」は、書いてありません。

 

そこで、「境内案内図」を作成することで、

今までの情報の不足していた点を補おうと考えたのです。

 

 

案内図を見ながら境内を散策していただくと、

それぞれの建物や文化財、石碑などがどのような経緯をへているのかが最低限わかるため、

ぜひご活用いただければと思います。


神社でのひと時がより有意義なものになるよう願っております。

 

境内案内図は、拝殿前においてあります。どうぞご自由にお持ち帰りください。

(従来の神社パンフレットも引き続きご活用ください)

 

2019年09月12日

御神輿の修復にともなう稚児募集のご案内

十社大神の御神輿の修復事業に際しては、

多くの方々にあたたかいご寄付をいただき、心から感謝申し上げます。

 

修復中の御神輿は、

今年の秋季例祭にあわせてお披露目をしようと考えており、

このお披露目の際に、稚児行列を行うことにいたしました。

 

 

稚児行列の詳細は、以下の通りです。

 

日時  令和元年10月14日(月・体育の日) 午後2時~午後4時

    小杉駅前に整列 ⇨ 十社大神までの道中を

              修復された御神輿とともに徒歩で参進 

    十社大神にてお祓い・記念撮影・記念品授与などを実施

    (少雨決行・荒天の場合は宮参りのみ)

 

募集要領 対象は小学生・幼児

     十社大神の宮司宅・責任役員宅などに申し込み用紙を配置

     参加費は1万円(貸衣装・草履・足袋など込)

     申し込み締め切りは9月25日

     申し込みのあった方には稚児行列の前日に十社大神にて衣装をお渡しし、

     当日は着替えを済ませて午後1時半に小杉駅前に集合

 

 

より詳しいことがお知りになりたい場合は、
宮司宅にお問い合わせください。(0766-55-0059)

 

2019年08月14日

伊勢領の御神輿が十社大神に

令和元年8月11日、第三回下条川みこし祭りが行われました。

 

前身の小杉みこし祭り(行政主体で開催)が行われなくなってから

新たに小杉まちづくり協議会が中心になって開催している行事です。

 

この催しでは、旧小杉町の各地域が所有する御神輿が、

地域を練りまわり、パフォーマンスを披露します。

 

きょうは、参加団体の神輿のうち、

射水市三ケの伊勢領という町内の所有する「伊勢領みこし」が、道中、十社大神に立ち寄り、

拝殿にて御祭神にご挨拶をし、記念撮影をしました。

 

 

実は、この「伊勢領」という地域は、十社大神との縁が特に深い地域です。

 

十社大神は、

昭和2年に14の神社が統合されて以来、天照大御神様を主祭神としてお祀りしていますが、

天照大御神様は、もともとは伊勢領にあった神明社の神様です。

 

伊勢領には、かつて神明社という広大な境内地を持つ神社があり、

「応永7年(1400年)に伊勢の神宮から社家が神輿を供奉して伊勢領にやってきて、

天照大御神様を勧請した」と伝えられています。

 

 

なので、今回の神輿の巡行コースの設定は、

まるで、神輿を供奉して伊勢領神明社が創建された当時を思い起こさせるような

粋な発想なのではないでしょうか。

 

 

帰り際、

伊勢領のおみこしが、伊勢の神宮の式年遷宮御用材によって建立された鳥居を通る際には、

時を超えて先人と現代人との心がつながったような気がいたしました。

 

伊勢領神明社を創建された先人や、護持・運営に汗をかかれた先人たちも、

きっと喜ばしくご覧になっていることと存じます。

 

2019年08月11日
» 続きを読む