十社大神 社務所の社務日誌(ブログ)です。

ブログ一覧

令和元年も抜穂祭(稲刈り)を行います

十社大神の献穀田の稲は、順調に生育しています。(下の写真は9月16日に撮影)

 

伊勢の神宮からお譲りいただいた品種「イセヒカリ」が、黄金色に実り、こうべを垂れています。

 

ところで、

十社大神では、9月29日(日)の午後2時から、抜穂祭(稲刈り)を行います。

刈女たちが、古式ゆかしく手刈りで稲を刈ります。

多くの方にお見守りいただけたらと思います。

 

刈り取る稲は、10月12日(土)、13日(日)に伊勢の神宮へ奉納しに行きます。

 

 

抜穂祭の当日は、十社大神周辺では、旧北陸道アートin小杉も行われ、

小杉駅北の旧北陸道沿いの各地で様々な催しが行われますので、

アートイベントとあわせてご覧いただけたらと思います。

 

2019年09月16日

境内案内図を作成

十社大神の境内には、多くの建物や文化財、鳥居、狛犬、石碑などがあります。

それらの一つ一つに由緒があり、物語があります。

 

「その物語を、もっと多くの人にお伝えする方法はないだろうかー」と考え、

このたび、境内案内図を作成しました。

 

 

境内案内図は、A4の紙1枚。

中央に境内の地図を書き、地図内に1から20まで番号を割り付け、

左右両隣に各番号の簡単な説明を記載してあります。

 

もちろん、

由緒や文化財の説明などを書いた「パンフレット」は別にあり、

パンフレットのほうが詳細がよくわかるのですが、

「どれが、どこにあるのか?」は、書いてありません。

 

そこで、「境内案内図」を作成することで、

今までの情報の不足していた点を補おうと考えたのです。

 

 

案内図を見ながら境内を散策していただくと、

それぞれの建物や文化財、石碑などがどのような経緯をへているのかが最低限わかるため、

ぜひご活用いただければと思います。


神社でのひと時がより有意義なものになるよう願っております。

 

境内案内図は、拝殿前においてあります。どうぞご自由にお持ち帰りください。

(従来の神社パンフレットも引き続きご活用ください)

 

2019年09月12日

御神輿の修復にともなう稚児募集のご案内

十社大神の御神輿の修復事業に際しては、

多くの方々にあたたかいご寄付をいただき、心から感謝申し上げます。

 

修復中の御神輿は、

今年の秋季例祭にあわせてお披露目をしようと考えており、

このお披露目の際に、稚児行列を行うことにいたしました。

 

 

稚児行列の詳細は、以下の通りです。

 

日時  令和元年10月14日(月・体育の日) 午後2時~午後4時

    小杉駅前に整列 ⇨ 十社大神までの道中を

              修復された御神輿とともに徒歩で参進 

    十社大神にてお祓い・記念撮影・記念品授与などを実施

    (少雨決行・荒天の場合は宮参りのみ)

 

募集要領 対象は小学生・幼児

     十社大神の宮司宅・責任役員宅などに申し込み用紙を配置

     参加費は1万円(貸衣装・草履・足袋など込)

     申し込み締め切りは9月25日

     申し込みのあった方には稚児行列の前日に十社大神にて衣装をお渡しし、

     当日は着替えを済ませて午後1時半に小杉駅前に集合

 

 

より詳しいことがお知りになりたい場合は、
宮司宅にお問い合わせください。(0766-55-0059)

 

2019年08月14日

伊勢領の御神輿が十社大神に

令和元年8月11日、第三回下条川みこし祭りが行われました。

 

前身の小杉みこし祭り(行政主体で開催)が行われなくなってから

新たに小杉まちづくり協議会が中心になって開催している行事です。

 

この催しでは、旧小杉町の各地域が所有する御神輿が、

地域を練りまわり、パフォーマンスを披露します。

 

きょうは、参加団体の神輿のうち、

射水市三ケの伊勢領という町内の所有する「伊勢領みこし」が、道中、十社大神に立ち寄り、

拝殿にて御祭神にご挨拶をし、記念撮影をしました。

 

 

実は、この「伊勢領」という地域は、十社大神との縁が特に深い地域です。

 

十社大神は、

昭和2年に14の神社が統合されて以来、天照大御神様を主祭神としてお祀りしていますが、

天照大御神様は、もともとは伊勢領にあった神明社の神様です。

 

伊勢領には、かつて神明社という広大な境内地を持つ神社があり、

「応永7年(1400年)に伊勢の神宮から社家が神輿を供奉して伊勢領にやってきて、

天照大御神様を勧請した」と伝えられています。

 

 

なので、今回の神輿の巡行コースの設定は、

まるで、神輿を供奉して伊勢領神明社が創建された当時を思い起こさせるような

粋な発想なのではないでしょうか。

 

 

帰り際、

伊勢領のおみこしが、伊勢の神宮の式年遷宮御用材によって建立された鳥居を通る際には、

時を超えて先人と現代人との心がつながったような気がいたしました。

 

伊勢領神明社を創建された先人や、護持・運営に汗をかかれた先人たちも、

きっと喜ばしくご覧になっていることと存じます。

 

2019年08月11日

伝承についての看板を新設

十社大神の境内に、新たな看板を2つ設置しました。

 

いずれも、十社大神の由緒・伝承を掲示するもので、

「先人たちから語り継がれてきた話をもっと知ってもらおう」と考え、

設置することにしたのです。

 

 

まず1つ目は、橋の傍にあります。

 

この橋は、こて絵の名工・竹内源造が製作した貴重なもので、

漆喰彫刻に関心のある人には「知る人ぞ知る」存在。

県外からも、この橋を見に訪れる人がいるほどです。

 

しかし、地元の人でも、この橋のことを知らない人が多く、

情報を「見える化」することにしました。

 

 

竹内源造は、明治時代から昭和初期にかけて国内外で

数多くの漆喰彫刻を手掛けた名工で、十社大神の氏子さんでした。

その業績をかみしめながらこの橋や看板を見る人が増えれば、

源造さんも喜んでくださるのではないでしょうか。

 

もう一つの看板は、神馬に関するものです。

 

こちらは、神馬殿の壁に貼り付けるタイプ。

 

先人たちから継承されてきた神馬に関する逸話・伝承を掲示しました。

 

十社大神の白馬・黒馬をぐる伝承は、

実際には、もっと多くのものが伝わっています。

 

例えば、「近くの下条川をつたって流れついた」とか、

「昔は夜になると動き出したので、大木にしばりつけた」とか、、、

地元の年配の方々が神馬について語りだすと大いに盛り上がるほどです。

 

神社とは、

神々に感謝し、祈る場所であるだけでなく、

人々が集う場、そして、昔・今・未来をつなぐ場でもあると思います。

 

境内を訪れた方にも、じにご覧いただき、

伝えられてきた事柄に思いをはせていただけたら幸いです。

 

2019年08月08日

水上北萊の「天の岩戸開き」

十社大神の拝殿に掛けられている絵馬は、

江戸時代後期につくられた、とても貴重なものです。

 

天照大神様が天の岩戸から出てこられると世の中が明るさを取り戻したという

神話「天の岩戸開き」を描いたもので、

製作したのは、江戸時代後期に活躍した実力派の絵師・水上北萊(みずかみ・ほくらい)です。

 

水上北萊(みずかみ・ほくらい)は、

名を勇次と言って、元は金沢藩士でした。

江戸に出て学んだあと、

小杉に来て水上屋弥三郎の娘婿になって水上姓を名乗るようになったと言います。

 

小杉では、寺子屋の師匠をつとめて多くの門弟を育成したほか、

南画・陶芸・彫刻に優れた才を発揮したということです。

 

 

小杉には、各地に水上北萊のつくった絵画や像が残されていて、

十社大神の境内には、北萊を顕彰する碑も残されています。

 

ところで、以前、当神社を訪問されたイギリス人の方が、

この「天の岩戸開き」の絵馬に強い関心を示されました。

 

その人は、はじめは様々な説明を静かに聞いていましたが、

この絵馬が目に入ったとたん、大きな声を出されました。

 

「コレハ、スバラシイ! イッタイ、ドナタガ、エガイタノデスカ?」

 

つたない説明をしている間、

その方は、この絵馬を長い時間をかけて隅々までご覧になっていました。

 

西洋の方がくぎ付けになるほどの存在感のある絵馬が奉納されていることは、

とても誇らしいことですね。

 

2019年07月11日

「千木」でわかる男神か女神か

本日は、御社殿の外形で

祀られている神様が男神か女神かをあてる方法を書きます。

 

十社大神の主祭神は、女神だとされる天照大神様。

十社大神の御社殿も、

見る人が見ると、主祭神が女神であると言い当てることができます。

 

どこで見分けるのか、皆様はお分かりでしょうか?

 

答えは、V字状に斜め上に伸びている「千木」です。

 

千木は、古代には皇族や豪族の住居に用いられていたそうで、

現在は、神社建築以外ではほとんど見かけず、

神社の聖性を象徴する装飾的なものとなっています。

 

 

この「千木」の先端が、地面と水平に切ってあると、「内削ぎ」といって女神が祀られている証です。

逆に、地面に垂直に切ってあると、「外削ぎ」と言って男神が祀られています。

 

 

十社大神の場合、内削ぎですので、

由緒書きなどを読まなくても、

外形上から「きっと女神が祀られているのだな」と分かるわけです。

 

ただし、全国には様々な神社があり、色々な経緯を経て今日に至るので、

全て厳重にそうなっているとは言えないようです。

 

それにしても、

神社訪問の際には、神社建築のほうも観察してみると、新しい発見があるかもしれません。

2019年06月26日

児童たちの課外授業

小杉小学校の課外授業で、

3年生の児童20人あまりがやってきました。

 

拝殿に座り、宮司から

十社大神が三ケ地域唯一の神社で三ケ地域全体の守り神であることのほか、

伊勢神宮や蓮王寺とのつながりが深いことなどの

説明を受けました。

 

説明に対し「その話はお母さんから聞いたことがある!」と応じる子もいて、

日頃から家庭内で地域のことが話題にのぼっているのだなと感心しました。

 

 

神社や祭りに関する言葉は、大人にとっても難しいものが多いです。

それでも、

身を乗り出して説明に耳を傾ける子供や、

熱心にメモを取る子供が多く、「この地域の未来は明るいな」と感じました。

 

質疑応答では、

「建物は何年前に建てられたのか」

「いつから神馬があるのか」

「どうして十社という珍しい名前なのか」など、

鋭い質問が相次ぎました。

 

覚えたこと、感じたことをいつまでも忘れずにいてほしいものです。

 

2019年06月14日
» 続きを読む