十社大神 社務所の社務日誌(ブログ)です。

ブログ一覧

水上北萊の「天の岩戸開き」

十社大神の拝殿に掛けられている絵馬は、

江戸時代後期につくられた、とても貴重なものです。

 

天照大神様が天の岩戸から出てこられると世の中が明るさを取り戻したという

神話「天の岩戸開き」を描いたもので、

製作したのは、江戸時代後期に活躍した実力派の絵師・水上北萊(みずかみ・ほくらい)です。

 

水上北萊(みずかみ・ほくらい)は、

名を勇次と言って、元は金沢藩士でした。

江戸に出て学んだあと、

小杉に来て水上屋弥三郎の娘婿になって水上姓を名乗るようになったと言います。

 

小杉では、寺子屋の師匠をつとめて多くの門弟を育成したほか、

南画・陶芸・彫刻に優れた才を発揮したということです。

 

 

小杉には、各地に水上北萊のつくった絵画や像が残されていて、

十社大神の境内には、北萊を顕彰する碑も残されています。

 

ところで、以前、当神社を訪問されたイギリス人の方が、

この「天の岩戸開き」の絵馬に強い関心を示されました。

 

その人は、はじめは様々な説明を静かに聞いていましたが、

この絵馬が目に入ったとたん、大きな声を出されました。

 

「コレハ、スバラシイ! イッタイ、ドナタガ、エガイタノデスカ?」

 

つたない説明をしている間、

その方は、この絵馬を長い時間をかけて隅々までご覧になっていました。

 

西洋の方がくぎ付けになるほどの存在感のある絵馬が奉納されていることは、

とても誇らしいことですね。

 

2019年07月11日

「千木」でわかる男神か女神か

本日は、御社殿の外形で

祀られている神様が男神か女神かをあてる方法を書きます。

 

十社大神の主祭神は、女神だとされる天照大神様。

十社大神の御社殿も、

見る人が見ると、主祭神が女神であると言い当てることができます。

 

どこで見分けるのか、皆様はお分かりでしょうか?

 

答えは、V字状に斜め上に伸びている「千木」です。

 

千木は、古代には皇族や豪族の住居に用いられていたそうで、

現在は、神社建築以外ではほとんど見かけず、

神社の聖性を象徴する装飾的なものとなっています。

 

 

この「千木」の先端が、地面と水平に切ってあると、「内削ぎ」といって女神が祀られている証です。

逆に、地面に垂直に切ってあると、「外削ぎ」と言って男神が祀られています。

 

 

十社大神の場合、内削ぎですので、

由緒書きなどを読まなくても、

外形上から「きっと女神が祀られているのだな」と分かるわけです。

 

ただし、全国には様々な神社があり、色々な経緯を経て今日に至るので、

全て厳重にそうなっているとは言えないようです。

 

それにしても、

神社訪問の際には、神社建築のほうも観察してみると、新しい発見があるかもしれません。

2019年06月26日

児童たちの課外授業

小杉小学校の課外授業で、

3年生の児童20人あまりがやってきました。

 

拝殿に座り、宮司から

十社大神が三ケ地域唯一の神社で三ケ地域全体の守り神であることのほか、

伊勢神宮や蓮王寺とのつながりが深いことなどの

説明を受けました。

 

説明に対し「その話はお母さんから聞いたことがある!」と応じる子もいて、

日頃から家庭内で地域のことが話題にのぼっているのだなと感心しました。

 

 

神社や祭りに関する言葉は、大人にとっても難しいものが多いです。

それでも、

身を乗り出して説明に耳を傾ける子供や、

熱心にメモを取る子供が多く、「この地域の未来は明るいな」と感じました。

 

質疑応答では、

「建物は何年前に建てられたのか」

「いつから神馬があるのか」

「どうして十社という珍しい名前なのか」など、

鋭い質問が相次ぎました。

 

覚えたこと、感じたことをいつまでも忘れずにいてほしいものです。

 

2019年06月14日

木造神馬にまつわるあれこれ

十社大神には『神馬殿』があり、白と黒の木造神馬が奉納されています。

 

このホームページの『文化財・鏝絵』の所にも記載がありますが、

あまりにも短いので、

この場を借りて、伝わっている様々なことを書いてみます。

 

 

由緒ですが、

白い馬は、

昭和2年(1927年)に三ケ地域の各神社が統合して十社大神になる際に、

統合神社の一つ・伊勢領神明社から移されたとされます。

 

伊勢領には、伊勢領神明社を創建する際(応永7年・1400年)に

桧垣二見太夫という人が伊勢から運んできたと伝わっています。

 

白馬には『文政4年』という銘があるので、

十社大神統合前に造りかえられたか、補修されたのかもしれません。

 

また、黒い馬は、江戸時代の天保年間に造られ、奉納されたと言います。

 

白馬と黒馬との一対で、市の文化財に指定されています。

 

 

十社大神の周辺では、昔から

『止雨祈願をする際には白馬に、雨乞い祈願をするには黒馬に、それぞれ祈りを捧げるとよい」

との伝承があります。

 

神馬殿の中には大きな太鼓が置いてあります。

参拝にいらっしゃる方がご自身で太鼓を叩き、

祈りを捧げている姿をよくお見かけします。

2019年06月05日

十社大神の狛犬のルーツ

十社大神にも、ほかの神社と同様に狛犬があります。

このうち、もっとも古いとみられる狛犬一対を紹介します。

 

 

これは、拝殿の目の前にある狛犬。

拝殿に向かって右側は口を開け、左側は口を閉じ、左右ともに玉の上に前足を置いています。

 

 

台石に刻まれた文字によると、

安政5年(1858年)9月7日に、高岡松屋理右衛門と高寺若連中の世話により

願主・本江屋源兵衛が寄進したものだということです。

 

 

 

台石には、「積船栄祥丸」「積船福重丸」とも書かれています。

この狛犬は、ここまで船で運ばれたということのようです。

 

小杉町史によると、

中世から近世にかけては、神社の近くを流れる下条川を利用した物資の輸送が盛んでした。

 

町史には、

「延宝2年(1674年)に藩が小杉新町へ市立てを認めた定目の中には、

『所々より川船にてのほり、当町において売買すべきこと』との条項があり、

 小杉新町の市自体が下条川を利用する川舟を前提にして設けられていた」と書かれています。

 

また、

「積み船は北前船とみられ、

伏木から放生津をまわして川舟により小杉まで運送された狛犬とみて間違いない」と記しています。

 

このような狛犬の台石の記録からも、かつての地域の姿が見えてくるものですね。

2019年05月24日

令和元年の春季大祭が終了

令和元年5月17日(金)・18日(土)・19日(日)の3日間にわたり

十社大神の春季例祭を執り行いました。

 

3日間ともすっきりと晴れ渡り、よいお祭りとなりました。

 

 

18日(土)には、

年に1度、御祭神が御神輿にうつられ、三ケ地域をまわられる「御神幸」も、無事行われました。

子供たちも参加し、とても賑やかな行列となりました。

 

 

19日(日)の後日祭では、神宮遥拝所において、

神職・責任役員・総代・地域の代表の方が、伊勢の神宮に祭祀の終了を奉告しました。

 

令和元年は、穏やかなうちにお田植えと春季例祭をとどこおりなく終え、

幸先の良い新時代の船出となっております。

 

2019年05月20日

「令和」最初の春祭りのご案内

十社大神の令和元年の春季例祭は、ご覧の日程で行います。

  5月17日(金) 午後7時半~ 前夜祭

  5月18日(土) 午前8時半~ 大祭

  5月19日(日) 午前10時半~ 後日祭

 

5月18日(土)には、

大祭のあと、御祭神・天照大御神様が御神輿にうつられ、三ケ地域22町内をまわられます。

 

5月18日(土)の御神幸の推定時間は以下のとおりです。

 十社大神 午前9時20分ごろ出発   高寺  午前9時30分ごろ

 愛宕   午前9時45分ごろ     新三ケ 午前10時5分ごろ

 田町   午前10時15分ごろ    初音町 午前10時30分ごろ

 夢美野  午前11時ごろ       伊勢領 午前11時20分ごろ

 新富町  午前11時40分ごろ    白銀町 午前11時50分ごろ

 本中町  午後1時40分ごろ     錦町  午後1時55分ごろ

 一番町  午後2時15分ごろ     西町  午後2時35分ごろ

 水上   午後2時45分ごろ     住吉町 午後3時ごろ

 水源町  午後3時15分ごろ     上新町 午後3時30分ごろ

 諏訪町  午後3時45分ごろ     常盤町 午後4時20分ごろ

 十社大神 午後4時30分ごろ到着

 

御神輿の通られる時間帯にはぜひご参拝くださいませ。(時間が前後する可能性もあります)

2019年05月11日

藤が開花 今年の色は・・・

境内の拝殿横にある藤が、今年も花を咲かせています。

 

 

一昨年、白い藤が中心だったこともありましたが、

今年は、紫色のような、いわゆる「藤色」の花が半分、白い花が半分ほどです。

 

このホームページの「由緒」のところにも書いてあるように、

昭和2年に三ケ地域の各神社が統合される以前に天照大御神様をお祀りしていた伊勢領神明社は、

うっそうとした藤の木が名物だったことから「藤の宮」と呼ばれていました。

 

往時の風情を少しでも再現できれば・・・と考えております。

 

 

2019年05月09日
» 続きを読む