境内の見どころ

幣殿

本殿と拝殿の間に位置する建物。

神宮内宮の御用材で平成7年に増築。

内宮御昇殿を復元させる造りとした。

宝物殿

宝物殿内にも多くの文化財や鏝絵があるが、建物そのものも貴重な建造物。

昭和2年に十四社が合祀されたうちの一社・十社大明神の本殿だったとされる。

神宮遥拝所

富山県射水市から、はるか伊勢神宮に拝礼するため設けたもの。

この瑞垣も、神宮の御用材。



















































石灯籠

平成元年に整備したもので、大小あわせて百数十基ある。

正月の初詣と、春・秋祭りの宵祭りに点灯し、境内が幻想的な雰囲気に包まれる。

南参道 鳥居

神宮式年遷宮の御用材を使い、平成27年に設置した。

当神社で唯一の木造の鳥居。

竹内源造作の参道橋

鏝絵作家の竹内源造が

昭和15年(1940年)につくった橋。

竹内源造最晩年の作品。

モルタル製で、小杉左官らしい精緻で丁寧な仕事。