文化財・鏝絵

木造狛犬一対

白馬とともに伊勢神宮から運ばれたと伝わる。

鎌倉時代末期ごろの作。

富士野巻狩之図

板の絵馬で、横21メートルあまりの大きなもの。

富士山麓で狩猟をしている姿を描いている。

市指定文化財。

能面(扇面・三番曳)

伊勢神宮神明社にあったもの。

能楽堂で能楽の面として使われたいた。

室町時代の作と考えられる。

木造千手観世音菩薩立像

木造阿弥陀如来像

木造聖観世音簿去る立造

 

江戸時代初期に砺波・射水郡奉行所の足軽・高桑八十郎等が仏工にその胴体をつくらしめ、十社大明神に寄進したと伝わる。市指定文化財。

ウワミズザクラ

市天然記念物。

丘陵山地に生息する落葉高木で、平野部である射水市に大樹として生息するのは非常に珍しい。


















































鏝絵 二十四孝大舜

刻印によると、竹内勘吉と砂原清吉合作。

中国の古い書物に書かれた逸話を描いた絵馬で、

大舜の孝行ぶりに感動して像の大群が農作業を伝わったという。


鏝絵 武内宿禰

武内宿禰は大和朝廷初期に活躍した記紀伝承上の人物で、抱いているのは仲哀天皇と神宮皇后の御子で後の応神天皇。
















木造神馬一対

白塗りの木馬は神馬として伊勢神宮から運ばれてきたとされ、黒は天保年間の作。市指定文化財。

鏝絵 太公望と文王

中国の十八史略に描かれている一場面を描いたもの。

周の文王が落ちぶれた呂尚(のちに太公望と呼ばれる)と出会い、礼をつくして軍師として迎える場面。