鳥居の『かたち』②陵墓鳥居

十社大神の境内には、3種類の鳥居があります。

前回の記事では、伊勢鳥居について書きましたが、本日は、もう1種類の『陵墓鳥居』について書きます。

上記鳥居は、宮司宅の前にある鳥居です。同じものが、境内に3つあり、いずれも同じ形です。

 

最上部の横木・『笠木』も、一段下の『貫』も、柱も、いずれも丸い形をしています。

いっさいの装飾を拝したこの形状は、天皇陵に多く建てられていることから、

大正・昭和期の文筆家で鳥居研究家だった根岸栄隆氏が、『陵墓鳥居』と名付けたようです。

 

実際には、大正時代以降は、各地の神社でよくみられるようになったということです。

十社大神のこの鳥居は大正時代に建立されました。

『御成婚記念』と刻まれていることから、皇族のご成婚を祝し、建立されたのでしょう。

 

 

2016年08月28日