次はビオトープづくりを

5月にお田植え祭を執り行った献穀田は、その後、順調に稲が育っています。

 

ところで現在、献穀田のとなりで、ビオトープづくりに取り組んでいます。

 

こちらも、土地の所有者さんにお借りした場所。

まずは、穴を掘るところから取り掛かりました。

 

 

以前は水田だった場所なので、土は粘土質の重い土です。

これを、鍬とスコップで少しずつ掘り起こし、

ひとまず、3メートル×3メートルほどの穴を2つあけました。

 

このあと、詳しい方の知識をお借りして整備を進めることにしていて、

多様な生物の生息するビオトープにしたいと考えています。

 

その後の進捗については、またこちらに掲載します。

2017年06月11日