枝垂れ桜を南参道に

枝垂れ桜を南参道の鳥居の脇に移植しました。

神宮御用材をいただいて設置した新しい鳥居の隣です。

 

 

枝垂れ桜は、もともとは境内の別の場所にあったものです。

 

ひっそりとした場所だったので、あまり知られておらず、

杉の大きな木に隠れ、日当たりもあまりよくありませんでした。

 

 

新しい場所は日当たりもよく、南参道からもよく見えます。

 

今シーズンは、移植直後だけにこのあとどれだけ咲くかわかりませんが、

末永く、多くの人々に愛される桜として成長することを願っております。

 

 

 

2019年04月07日