令和元年の春季大祭が終了

令和元年5月17日(金)・18日(土)・19日(日)の3日間にわたり

十社大神の春季例祭を執り行いました。

 

3日間ともすっきりと晴れ渡り、よいお祭りとなりました。

 

 

18日(土)には、

年に1度、御祭神が御神輿にうつられ、三ケ地域をまわられる「御神幸」も、無事行われました。

子供たちも参加し、とても賑やかな行列となりました。

 

 

19日(日)の後日祭では、神宮遥拝所において、

神職・責任役員・総代・地域の代表の方が、伊勢の神宮に祭祀の終了を奉告しました。

 

令和元年は、穏やかなうちにお田植えと春季例祭をとどこおりなく終え、

幸先の良い新時代の船出となっております。

 

2019年05月20日