境内案内図を作成

十社大神の境内には、多くの建物や文化財、鳥居、狛犬、石碑などがあります。

それらの一つ一つに由緒があり、物語があります。

 

「その物語を、もっと多くの人にお伝えする方法はないだろうかー」と考え、

このたび、境内案内図を作成しました。

 

 

境内案内図は、A4の紙1枚。

中央に境内の地図を書き、地図内に1から20まで番号を割り付け、

左右両隣に各番号の簡単な説明を記載してあります。

 

もちろん、

由緒や文化財の説明などを書いた「パンフレット」は別にあり、

パンフレットのほうが詳細がよくわかるのですが、

「どれが、どこにあるのか?」は、書いてありません。

 

そこで、「境内案内図」を作成することで、

今までの情報の不足していた点を補おうと考えたのです。

 

 

案内図を見ながら境内を散策していただくと、

それぞれの建物や文化財、石碑などがどのような経緯をへているのかが最低限わかるため、

ぜひご活用いただければと思います。


神社でのひと時がより有意義なものになるよう願っております。

 

境内案内図は、拝殿前においてあります。どうぞご自由にお持ち帰りください。

(従来の神社パンフレットも引き続きご活用ください)

 

2019年09月12日