令和元年も抜穂祭(稲刈り)を行います

十社大神の献穀田の稲は、順調に生育しています。(下の写真は9月16日に撮影)

 

伊勢の神宮からお譲りいただいた品種「イセヒカリ」が、黄金色に実り、こうべを垂れています。

 

ところで、

十社大神では、9月29日(日)の午後2時から、抜穂祭(稲刈り)を行います。

刈女たちが、古式ゆかしく手刈りで稲を刈ります。

多くの方にお見守りいただけたらと思います。

 

刈り取る稲は、10月12日(土)、13日(日)に伊勢の神宮へ奉納しに行きます。

 

 

抜穂祭の当日は、十社大神周辺では、旧北陸道アートin小杉も行われ、

小杉駅北の旧北陸道沿いの各地で様々な催しが行われますので、

アートイベントとあわせてご覧いただけたらと思います。

 

2019年09月16日