伊勢領神明社の跡は今

由緒のページにも書いてありますが、十社大神は、昭和2年に三ケ地域の14社が合併して出来た神社です。

そのうちの1社が伊勢領神明社で、小杉駅の南側にありました。

 

 

上記写真は、伊勢領神明社の跡地の現在の様子です。

松の大木が植えられていて、藤棚もあります。石碑も建立されています。

 

伊勢領という地名は、お伊勢さんとの結びつきの強さを今に伝えていますし、

今でも、この伊勢領神明社跡の周辺には、十社大神の宮司家と同じ苗字の

「宮城さん」という方が多く住んでいらっしゃいます。

 

 

十社大神の主祭神は、伊勢領神明社の祭神だった天照大御神様。

そして今の十社大神の本殿は、当時の伊勢領神明社の本殿です。

 

この旧伊勢領神明社。今でもひっそりと地域の中に溶け込み、人々を見守っています。

 

2016年07月17日