ブログ一覧

ホームページを一新

十社大神のホームページを一新しました。

記載内容はあまり変わりませんが、レイアウトを変更しました。

 

また、最大の変更点は、ブログです。

これまで、ブログは外部URLを活用していましたが、今回のリニューアルでは、公式ホームページ内にブログを設置しました。

これによって、一度ブログに移動したら公式ホームページに戻りにくいという課題を解決することができました。

 

従来以上に、内容の充実に努めたいと思います。

(これまでのブログも、しばらく残しておこうと思っております。 http://miya10.cocolog-nifty.com/blog/ )

 

2016年05月08日

手すり設置

拝殿前の階段に手すりを取り付けました。

わずか4段の階段ですが、足の不自由な方にも昇り降りしやすいようになりました。安心して参拝してください。

 

2016年05月08日

平成28年度の春祭り


平成28年度の春季大祭の日程は、以下の通りです。


5月20日(金)午後7時半から 前夜祭

5月21日(土)午前8時半から 大祭

        十社大神にて大祭を執り行ったあと、御神輿が三ケ地域をまわります。

        午前11時~午後2時には、三ケコミュニティセンターで、「おまつり広場」がおこなわれます。

5月22日(日)後日祭

 

十社大神の御祭神が地域をまわられる年の1度のお祭りです。ご参加をお願いいたします。


2016年05月09日

新緑

十社宮の境内も、新緑の頃を迎えています。

 

 

神馬殿の前にあるモミジ。今年は冬・春と暖かい日が続いているせいか、

木々の成長が早く感じます。

 

 

2016年05月15日

花壇もあります

十社大神の拝殿の横には、花壇もあります。

冬の間は、お休み状態でしたが、春になり、苗を植えたことで、境内も華やかになりました。

お参りの前後に、お花も楽しんでください。

 

2016年05月18日

春祭りが終わりました

平成28年度の春の大祭が、とどこおりなく終了いたしました。

 


5月20日(金)に前夜祭、21日(土)には大祭と御神輿の御巡幸、

そして22日(日)は後日祭と、全日程をとどこおりなく終えました。

 

 

天気にもめぐまれ、21日のお祭り広場にも、例年以上に多くの方にお集まりいただきました。


参加された方々には、

祭りを終えたあとの達成感と充実感を感じていただき、

また、地域の一体感を感じていただけましたら幸いです。


2016年05月22日

モミジの実

秋には葉が真っ赤に色づき、私達を楽しませてくれるモミジ。

春には、また違う楽しみ方があります。

 

 

十社大神の神馬殿の前のモミジの写真です。

 

今は新緑の季節ですが、あちらこちらに、ポツポツとピンク色が見えます。

よく見ると、プロペラのような形をしたものが葉の先についています。

 

これは、翼果(よくか)。花が咲いたあとの果実だそうです。

もうしばらくすると、風で飛ばされ、どこかで芽吹くのでしょうね。

 

 

 

2016年05月22日

鮮やかなユリ

十社大神の境内には、様々な花が植えられています。

最近、この花が開きました。

 



ユリです。

真っ赤なユリ。お参りの際に、お花の鑑賞もお楽しみください。


2016年06月05日

伊勢領神明社の跡は今

由緒のページにも書いてありますが、十社大神は、昭和2年に三ケ地域の14社が合併して出来た神社です。

そのうちの1社が伊勢領神明社で、小杉駅の南側にありました。

 

 

上記写真は、伊勢領神明社の跡地の現在の様子です。

松の大木が植えられていて、藤棚もあります。石碑も建立されています。

 

伊勢領という地名は、お伊勢さんとの結びつきの強さを今に伝えていますし、

今でも、この伊勢領神明社跡の周辺には、十社大神の宮司家と同じ苗字の

「宮城さん」という方が多く住んでいらっしゃいます。

 

 

十社大神の主祭神は、伊勢領神明社の祭神だった天照大御神様。

そして今の十社大神の本殿は、当時の伊勢領神明社の本殿です。

 

この旧伊勢領神明社。今でもひっそりと地域の中に溶け込み、人々を見守っています。

 

2016年07月17日

鳥居の『かたち』①伊勢鳥居

十社大神には、3種類の鳥居があります。

本日は、そのうちの一つ・伊勢鳥居についてご説明します。

 

先般の神宮式年遷宮のあと、お伊勢さんから当神社が譲り受けた、新しい鳥居です。

 

鳥居の形は、様々な種類がありますが、大きくわけると、「神明系」と「明神系」があります。

上記写真(神宮から譲り受けた鳥居)は、「神明系」で、具体的には「伊勢鳥居」に分類されます。

 

「笠木(かさぎ)」と言われる最上部の横木が五角形であること、

笠木の端の切り方が、垂直ではなく、斜めに切る「襷(たすき)落とし」の手法をとっているのが特徴です。

 

また、「抜き」と言われる上から2番目の横木は四角形です。

縦に伸びる柱は、丸い形で、上に行くほど細くなり、やや斜めに立っているので、

どっしりとした印象を与えます。

 

お参りの際には、鳥居の形の違いも、見比べてみてくださいませ。

 

ほかの2種類についても、あらためてご説明いたします。

 

 

 

 

 

2016年08月22日

鳥居の『かたち』②陵墓鳥居

十社大神の境内には、3種類の鳥居があります。

前回の記事では、伊勢鳥居について書きましたが、本日は、もう1種類の『陵墓鳥居』について書きます。

上記鳥居は、宮司宅の前にある鳥居です。同じものが、境内に3つあり、いずれも同じ形です。

 

最上部の横木・『笠木』も、一段下の『貫』も、柱も、いずれも丸い形をしています。

いっさいの装飾を拝したこの形状は、天皇陵に多く建てられていることから、

大正・昭和期の文筆家で鳥居研究家だった根岸栄隆氏が、『陵墓鳥居』と名付けたようです。

 

実際には、大正時代以降は、各地の神社でよくみられるようになったということです。

十社大神のこの鳥居は大正時代に建立されました。

『御成婚記念』と刻まれていることから、皇族のご成婚を祝し、建立されたのでしょう。

 

 

2016年08月28日

鳥居の『かたち』③靖国鳥居

十社大神にある3種類の鳥居。本日は、3つめの『靖国鳥居』についてご説明します。

 

 

十社大神の境内には、「神宮遥拝所」があり、伊勢の神宮を遥拝できるようになっています。

この遥拝所の形は、「靖国鳥居」に分類されます。

 

特徴は、陵墓鳥居(りょうぼとりい)と似てとてもシンプルで、おもに丸い形の石を使っています。

ただ、唯一異なるのは、上から2番目の『貫』と呼ばれる横に渡された石です。

陵墓鳥居はすべて丸ですが、靖国鳥居は、『貫』だけが四角形なのです。

 

東京の靖国神社の大鳥居に見られる形状であることから、「靖国鳥居」として分類されています。

靖国神社や護国神社に限って用いられているわけではなく、

こうした形の鳥居のうち、代表的なものが靖国神社の大鳥居である、ということだとみられます。

 

石の鳥居の場合、四角が一部取り入れてあるほうが、凛々しい印象を覚えます。

十社大神の神宮遥拝所の前に立つと気持ちが引き締まるように感じるのは、

もちろんお伊勢さんの御神威によるものですが、鳥居の『かたち』も、影響しているのかもしれません。

 

2016年09月04日

平成28年度秋祭り

10月15日、十社大神の秋季例祭がとどこおりなく終了いたしました。

神事のあと、奉納行事もおこない、宮司が朝日舞を奉奏したほか、地元の女子児童たちが浦安の舞を奉奏しました。

 

地元の酒店のプライベートブランド酒「太閤山」も奉納いただき、鏡割りをしました。

 

また、お笑いコンビの雷鳥のお2人が漫才を披露してくれました。

2人は、射水市・旧新湊市出身で、テレビやラジオなどで活躍中です。

かつてのコンビ名「藤沢姉弟」としても有名ですよね。

 

この日は、「十社大神」や「天の岩戸開き」を取れ入れたネタも披露され、

境内が笑いに包まれていました。

 

ご参集いただいた皆様、ようこそお参りくださいました。

 

 

2016年10月16日

賽路を整備

十社大神の御本殿の周囲に、『賽路(さいろ)』という小さな道を整備しました。

 

 

この道を歩きながら神様の御恩に思いをめぐらせていただき、

神さまに感謝の意をお伝えいただければと考えております。

 

今後、賽路の周辺は、なるべく手を入れずに、自然を残しながら、

榊や杉苔などが生えやすい環境づくりに努めることにしています。

 

2016年10月29日

モミジが見ごろ

十社大神の境内のモミジ。

例年、11月に見ごろを迎えますが、今年も良い色になってきました。


このあと、11月いっぱいは見ごろの状態が続くとみられます。


2016年11月20日

初詣の準備中

今年(平成28年)も、残すところあとわずかです。

十社大神でも、初詣の準備をおこなっております。

 

 

 

元日は、午前0時に本殿・拝殿の扉をあけ、お参りができるようになります。

随時、昇殿参拝の受付もおこないます。

昇殿参拝をご希望の方は、拝殿内の受付へおこしください。

 

また、年内に御札をお求めの方は、宮司宅までおこしください。

2016年12月25日

平成29年は『トリ年』

平成28年も、残すところ、あと1日です。

当神社でも、初詣の準備があわただしくおこなわれています。

 

ところで、来年・平成29年は『トリ年』です。

十社大神も、『トリ』と縁が深いことを、ご存知でしょうか。

 

写真は、宝物殿にある、竹内勘吉の『こて絵』です。

竹内勘吉は、有名な鏝絵職人・竹内源造の父親で、数多くの鏝絵の名作を残した小杉左官集団の親方でした。

 

そもそも、鳥は神の使いと言われていて、神社に必ずある鳥居も、

ルーツは、鳥がとまる横木にあるとも言われています。

 

神話の『天の岩戸開き』で、御隠れになった天照大御神様を連れ戻す際に活躍したトリ。

神宮の内宮では、今でも、境内に多くの神鶏たちがいます。

 

天照大御神様を主祭神としてお祀りする十社大神も、

神さまの使い・トリによって、よりよい方向に導いていただきたいと願っています。

2016年12月31日

平成29年 左義長のご案内

あけましておめでとうございます。

平成29年の左義長は、1月15日(日)の午前10時からです。

 

 

古いお札や御守、縁起物、書初めの紙などをお寄せいただき、

宮司が祝詞を奏上したあと、地元の子供たちとともに点火し、お焚き上げします。

 

どうぞご参拝ください。

2017年01月03日

左義長が終わりました

平成29年の左義長を、本日、1月15日の午前10時より執り行いました。

 

 

きのうから雪が降り続いていたため、雪が積もっていましたが、

早朝から多くの人に除雪などでお世話になり、無事にお祭りを定刻通り始めることができました。

 

朝の天気予報では、「昼前が雪のピーク」と報じられていましたが、

午前9時ごろから青空が見え始め、お祭りの間は、降雪も持ちこたえてくれました。

 

 

おかげさまでよいお祭となりました。

今年も、無病息災でありますように。文字の上達などの願いがかないますように。

 

 

 

 

2017年01月15日

カタカゴが咲きました

十社大神の境内で、カタカゴの花が咲き始めました。

 

 

まだ色づき始めたところですが、このあと徐々に大きくなると思われます。

 

本来は、カタクリという名前ですが、

富山県では、カタカゴという名称のほうが有名なのではないでしょうか。

 

十社大神も、去年、株をわけていただき、植えることにしました。

下は、去年の写真です。

 

 

 

場所は、拝殿にむかって左側の狛犬の近くです。

5月の春祭りまで咲き続けてほしいものです。

 

 

2017年03月26日

境内の桜は

十社大神の境内にも、桜が何本かあります。

 


平成29年4月8日現在、5分咲きといったところでしょうか。

 


ソメイヨシノについては、あと数日で見頃となりそうです。


下条川べりの花見とあわせて、お楽しみください。


(ほかに枝垂れ桜もありますが、こちらは、もう少し先になりそうです)






2017年04月08日

咲いた チューリップの花が

十社の宮の参道脇の花壇には、チューリップが植えられています。

 

 

大型連休を前に、見事に咲き誇っています。

 

神社の風景は、木々の緑色と建物の茶色が多いですが、

そこにチューリップの赤や黄色、ピンクといった色彩が加わると、

境内が華やかになりますね。

2017年04月23日

白い藤の花

十社の宮の境内には、藤棚があります。

 

拝殿にむかって右側にあります。

ところで、この藤棚の、少し珍しいのは、紫と白が混在していることです。

 

参拝や散策の際にご利用ください。

2017年05月06日

春季例祭と御田植祭のご案内

平成29年の十社大神の春季例祭は、以下のような日程で行います。

 

 5月19日(金) 午後7時30分~ 前夜祭

 5月20日(土) 午前8時30分~ 大祭 その後、御神幸

 5月21日(日) 午前10時30分~ 後日祭

 

 20日には、大祭を執り行ったあと、御神輿の御神幸があり、三ケ地区22町内をまわります。

 20日(土)の午前11時から午後2時までは、三ケコミュニティセンターで「おまつり広場」を行います。

 焼きそばやフランクフルトなどの屋台が出店するほか、太鼓や園児のお遊戯などの催しがあります。

 


また、今年初めて、お田植え祭りを行います。

 

 5月27日(土) 午前10時~ お田植え祭  十社大神 西参道横にて

 

 地権者の方のご厚意により田んぼをお借りし、伊勢神宮で毎年神様に献上している「イセヒカリ」の苗を植えます。

 

多くの方にご覧いただけましたら幸甚に存じます。

2017年05月07日

献穀田が完成

十社大神の献穀田が出来上がりました。



境内に隣接する田んぼを、所有者の方のお借りし、御神前に奉納する米をつくることになったのです。

植える品種は、神宮からわけていただいた「イセヒカリ」です。

 

 

5月27日(土)に御田植祭を執り行います。

2017年05月19日

春祭りが終わりました

平成29年度の春の例大祭(5月19日~21日)が、皆様方のご協力により、無事、終わりました。

 

 

5月20日(土)には、早朝より、地元の獅子舞が奉納されました。

 

伊勢神宮でも奉納したことのある実績と実力の認められた獅子方の皆さんによる

力強く、華やかな獅子舞が御神前で奉納され、

その後、大祭を執り行ったあと、大神様が出立されました。

 

 

地元の子供たちに先導され、御神輿が三ケ地域をくまなく御神幸されました。

 

この日は、富山県西部の最高気温が30.9度というとても暑い日でした。

ご参加いただいた方々、お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年05月22日

古式ゆかしく御田植え

平成29年5月27日(土)、十社大神で初めてお田植え祭を行いました。

 

場所は、参道脇に設けた献穀田です。

地元の小学生4人が、早乙女として苗植えに挑戦してくれました。

 

苗は、伊勢神宮からお分けいただいた「イセヒカリ」。

ファーム三ケ北部で育苗してもらったものです。

 

また、三ケ土木や三ケ地域振興会に水の管理をしてもらいました。

 

最初は、足がぬけにくいため苦労していた早乙女たちも、だんだん慣れてきて、、、

最後は、関係者一同が田んぼに入って手植え。

昔ながらの米作りの大変さをかみしめたと同時に、そのひと時を共有し、絆を深めました。

 

秋の収穫が楽しみです。

2017年05月28日

次はビオトープづくりを

5月にお田植え祭を執り行った献穀田は、その後、順調に稲が育っています。

 

ところで現在、献穀田のとなりで、ビオトープづくりに取り組んでいます。

 

こちらも、土地の所有者さんにお借りした場所。

まずは、穴を掘るところから取り掛かりました。

 

 

以前は水田だった場所なので、土は粘土質の重い土です。

これを、鍬とスコップで少しずつ掘り起こし、

ひとまず、3メートル×3メートルほどの穴を2つあけました。

 

このあと、詳しい方の知識をお借りして整備を進めることにしていて、

多様な生物の生息するビオトープにしたいと考えています。

 

その後の進捗については、またこちらに掲載します。

2017年06月11日

ビオトープ 色んな池が

献穀田の隣で、ビオトープの整備を進めています。

こちらもお借りしている休耕田です。

 

ビオトープとして整備し、多様な生物が観察できる場をつくろうと、

現在、人力で複数の池を掘っています。

丸い池や、三角の形をした池、2つつながっていて眼鏡のような形の池。

少しずつ池の数を増やしています。

このあと、

詳しい方から指導していただきながら、生物がすみつくよう努めていきます。

2017年06月17日

10月に落語会を開催します

平成29年10月27日(金)の午後2時から、

落語家の三遊亭栄楽さんをお迎えし、十社大神において落語会を開催します。

 

三遊亭栄楽さんは、神職の資格を持つ落語家で、

「お伊勢参りと笑い」をテーマに全国で落語会を開催していらっしゃいます。

 

三重県にある皇學館大學(神職を養成する学校)で

「笑いの誕生と落語の確立」をテーマに授業を受け持つほどの「笑い」の専門家。

 

5年前に脳幹出血を患うも後遺症もなく復帰を果たすなど、

波乱万丈の人生を歩んでいらっしゃいます。

 

楽しく、為になる三遊亭栄楽さんの落語をご鑑賞になる方は、宮司宅までご連絡ください。


宮司宅 富山県射水市三ケ870    

0766-55-0059

 

 

 

 

 

 

 

2017年09月13日

献穀田で抜穂祭(稲刈り)を斎行します

十社大神では、今年5月に初めて御田植祭を行いました。

その後、献穀田では、

伊勢の神宮から分けていただいた「イセヒカリ」が、順調に実っています。

 

 

そこで、

来る10月14日(土)、

秋季例祭の前夜祭に先立って、午後3時から「抜穂祭(稲刈り)」を行うことにしました。

 

古式ゆかりく、地元の女子児童が刈女をつとめ、手で刈り取ります。

 

その後、午後5時からは、神前にてイセヒカリの収穫報告祭を行います。

 

多くの方のお参りをお待ちしております。

 

 

 

 

 

2017年10月09日

抜穂祭と神宮奉納のご報告

10月14日(土)午後、十社大神の献穀田において抜穂祭を執り行いました。


 

地元の小学生の刈女を中心に、昔ながらの手刈りに挑戦。

心配された雨が降ることもなく、無事、約1時間で作業を行えました。


 

稲穂は、翌日、伊勢の神宮にお納めしてまいりました。

地権者の方々、ご協力いただいたファーム三ケ北部営農・三ケ土木の方々、ありがとうございました。

 

2017年10月29日

落語会を開催しました

10月28日(金)、十社大神の参集殿において、落語会を開催しました。

お話をしてくださったのは、三遊亭円楽さんのお弟子さんにあたる、三遊亭栄楽さん。

60人あまりの人が、楽しく勉強になるひと時を過ごしました。

 

 

栄楽さんは、神主の資格を持っていて、神道や仏教にたいへんおくわしい方。

この日は、「お伊勢さんと伝統芸能」をテーマに、話をしていただきました。

 

 

古典落語・噺の中には、先祖から受け継いできた人を思いやる世界が描かれているのだそうです。

楽しく興味深い栄楽さんのお話のあとには、

会場は温かい雰囲気に包まれていました。

 

栄楽さん、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

2017年10月29日

初詣のご案内

平成29年も、残すところあとわずかです。

十社大神でも、初詣の準備を進めています。

 

 

少しずつ境内の装飾を始めているほか、

この数日で境内に雪が降り積もったため、参道の除雪に追われています。

 

初詣の昇殿参拝は、平成30年の元日の午前0時から、

いらっしゃった方から順番に対応いたします。

(時間によっては、少しお待ちいただく可能性もあります)

 

1月2日以降は、予約なしでも受け付けておりますが、

あらかじめ予約していただくことをお勧めしております。

 

ご不明な点は、宮司宅までお問い合わせくださいませ。

2017年12月28日

平成30年・謹賀新年

謹んで新年のお祝いを申し上げます。

 

初詣には、多くの方々にお参りいただきました。

皆様にとってよき年となりますようお祈り申し上げます。

 

 

さて、今年の十社大神の左義長は、1月14日(日)です。

午前10時から神事を行い、約10分後に点火します。

 

 

左義長についても、多くの方のご参拝をお待ちしております。

 

 

 

2018年01月02日

平成30年の左義長の報告

平成30年の左義長を、きのう(1月14日)執り行いました。

 

 

前日までは悪天候が続いていましたが、

この日の朝は、境内に優しい日差しが降り注ぎ、

見事に青空が広がりました。

 

 

今年も、地元の子供たちとともに点火。

今年1年の無病息災と、学業や習字の上達を願いました。

 

 

この数日の寒波によって道路事情が悪かったため、

いつもは自動車でいらっしゃる方で、

「今年は徒歩で神社まで来た」と言われる方もいらっしゃいました。

 

大勢の御参詣に感謝いたします。

 

 

 

2018年01月15日

チューリップ開花

十社大神の拝殿横にある花壇に、チューリップが植えられています。

 

赤・白・黄色・・・、どれも美しく咲いています。

 

今年は、暖かい日が続いたせいか、チューリップの開花が例年より早かった気がします。

 

 

 

2018年04月22日

今年も田植えをしました

去年初挑戦した献穀田における稲の栽培。

今年も、実施しております。

 

 

去る5月6日の午後、地域の皆様方とともに、一つ一つ、手作業で植えました。

皆様も、成長をお見守りください。

 

2018年05月27日

お伊勢さんの看板を設置

十社大神は、三ケ地区にあった十四社が統合してできた神社ですが、

十四社のうちの一つ・伊勢領神明社は、伊勢神宮のお札の頒布拠点でした。

 

そうしたご縁もあり、

十社大神は、天照大神様を主祭神としていて、境内には神宮遥拝所もあります。

式年遷宮後には、複数回にわたって御用材や御神宝が下賜されています。

 

そこで、

十社大神を御参詣の皆様に、

少しでも「心のふるさと・伊勢神宮」の趣を感じ取っていただければと、

あらたに看板を設置いたしました。

 

 

看板を設置するにあたり、神宮から特別に「内宮」の写真をご提供いただきました。

 

御参詣の際には、看板のほうも、ご覧下さいませ。

 

 

 

2018年08月19日