由緒

 応永7年(1400年)。現在の射水市三ケ・伊勢領に、伊勢神宮の末社として鎮座されたと伝わる。

 広大な境内地に、うっそうとした杉の大樹、老木の藤が下条川べりに繁り、神宮両社(内宮、外宮)の天照皇大御神と豊受大神を祀る越中古社で、権威ある社(藤の宮)として信仰が厚かった。

 

 

 

 

 

 

 

 三ケ地区には伊勢領神明社のほかに、真言宗蓮王寺の守り神の十社大明神など14社が鎮座されていたが、昭和2年にこの地に合祀され、十社大神となった。